3.11から6年 復興のいま 宮城・石巻篇

※この記事では東日本大震災について取り扱っていて、被災にあった石巻の写真を載せていますのでご注意ください。

 

東北地方に行ってみたかった理由

大学生のころに友達が東北にボランティアに行っていて、それからずっと行ってみたかった東北。

 

YouTube東日本大震災のことを調べてみると、信じられないような映像がたくさん出てきて、画面越しに見る地震津波ですら純粋に怖いと思った。

ただ、それでも画面越しにみる映像にはどこか遠さを感じてしまって、どうしてもリアルなものとして感じられなかった。

 

だから、東北に行って自分自身の目で、被災地の様子、復興の現状を見てみたいと思い、宮城は石巻と女川へ行ってきました。

 

みてきた景色

まず行ったのは石巻市にある復興まちづくり情報交流館(中央館)

 f:id:kyuto7:20170722131831j:image

東日本大震災による石巻の被害状況だけでなく、石巻の歴史や復興後の将来像についても紹介がされていました。

ちなみにこの場所も2mほどの津波に襲われたとのこと。

 f:id:kyuto7:20170722131908j:image

写真のように、建物には津波の跡が残っていた。

 

そして、そこのスタッフの方にお勧めされていったのが、絆の駅 石巻NEWSee

 f:id:kyuto7:20170722131918j:image

ここには、石巻日日新聞による号外の手書き壁新聞(実物)が展示されています。

 

津波の影響で機械が壊れ新聞を印刷できなくなっても、手書きで壁新聞を作成して掲示し、他の被災地の現状や配給の情報を届け、自分達の使命を全うしたその姿勢は素晴らしいと思いました。

 

そして次におすすめされたのが、日和山から石巻のまちなみを見ることと、門脇・南浜を実際に歩いてみること。

 

ここからは写真を中心に石巻の風景をご覧いただきます。

 

f:id:kyuto7:20170722132831j:image

まだまだ工事が行われている。

f:id:kyuto7:20170722132914j:image

高台になっている日和山からの景色。

震災当日はここに多くの人が避難していた。

 

激しく雪が降る中で、津波に飲まれ、火災で燃えていく家々をただ見つめることしかできなかった。

 f:id:kyuto7:20170722133150j:image

夕日に映えるこの坂も、あの日は避難してきた人の車で埋め尽くされていた。

f:id:kyuto7:20170722133233j:image

奥に見えるのが日和大橋。

20mほどのこの橋を読み込まんばかりの津波が襲った。

 

日は変わって翌日朝に、旧北上川上流から海辺の門脇・南浜方面へ歩いてみました。

 f:id:kyuto7:20170722133751j:image

当時の写真では、ちょうどこの位置に船が道路に横たわっていました。

f:id:kyuto7:20170722133844j:image

f:id:kyuto7:20170722133849j:image

津波の威力を感じる。

f:id:kyuto7:20170722133936j:image

f:id:kyuto7:20170722133941j:image

 かつては、家々が立ち並び町があった場所。

f:id:kyuto7:20170722133942j:image

 6.9mの津波がこの地区を襲った。

 

東日本大震災から学ぶべきこと

豪雨で被害に合った東峰村に行った友達が書いていたんだけど、ぼくらは自然とともに生きていることは肝に銘じておくべきだと思う。

 

自然とどう付き合うのか、都会の中で生きるぼくらは忘れがちだけど、大切なこと。

 

いつ自分が自然の脅威にされされるか分からない、だから自分が地震にあったら・・・という想定をして、準備をしておくべきだと思う。

もちろん、準備をしておけば必ず助かるというわけではないだろうけど、少しでも助かる確率を高めるために。

 

非常食や水はAmazonなどのインターネットで買うこともできるし、避難場所についても自治体ごとに情報がある。

 

石巻NEWSeeの館長さんに言われたんだ「君が震災に対して興味を持って、ここまで来てくれたのには必ず意味がある。この震災から教訓を得て、自分の身を自分で守ってほしい」って。

今準備していたら"そのとき"に後悔しなくて済むかもしれない、自分の身も、自分が大切にする人も守れるかもしれないんだ。

 

だから、どうか、 もしものときに対する備えを面倒でも、必ずやっておいてください。

 

 

少しずつ着実に

最後に、少しずつ復興が進んでいる石巻・女川の様子を。

 f:id:kyuto7:20170722140413j:image

 右下の明るくなっているのが、いしのまき元気市場。

石巻の食をたのしめるよ、海鮮やっぱ美味しかった。

f:id:kyuto7:20170722140618j:image

そして、ここからは女川。

震災で大きな被害を受けたにもかかわらず、すごいスピードで復興が進んでいる。

f:id:kyuto7:20170722140714j:image

 女川駅では温泉にも入ることができる、気持ちよかった〜。

f:id:kyuto7:20170722141416j:image

有名な方々がいたり、

f:id:kyuto7:20170722141037j:image

段ボールでランボルギーニ作ってたり、

f:id:kyuto7:20170722141208j:image

段ボールの勢いで本物のランボルギーニ買ってたり、

f:id:kyuto7:20170722141233j:image

やっぱり海の幸が美味しかったり、

f:id:kyuto7:20170722141252j:image

石巻も、女川も、素敵なとこだった。

なんだか伊万里が懐かしくなったお話

ちょうど一年前、初めて佐賀の伊万里に連れて行ってもらったらしい。

 

f:id:kyuto7:20170618114554j:image

毎年この時期に風鈴まつりがあるみたいで、それに合わせて行ったけど、今写真を見返してても風情がある。

 

https://www.instagram.com/p/BIXFCPGgloH/

新緑で緑が綺麗なこの時期に、浴衣を着て大川内山を散策できたのは、本当に貴重な経験だったな〜。


f:id:kyuto7:20170618114848j:image

 f:id:kyuto7:20170618115126j:image

 

その時は、有田焼を使った碗琴の演奏もあって……。

f:id:kyuto7:20170618115227j:image

それぞれ違う音階で、1万個以上のお碗から音の合うものを選んだんだって。

 

そして、伊万里焼き。

焼き物のことはあまり分からないけど、それでも良さがわかるくらいいいものばかりだった。

 

伊万里焼きの風鈴をもらったんだけど、音が澄み渡るように響いて素敵だよ!

f:id:kyuto7:20170618115452j:image

 

などなど、思い出していたらまた伊万里に行きたくなったお話でした。笑

お別れは伊万里の紫陽花とともに。

f:id:kyuto7:20170618115703j:image

自分をまわりと比較すること

上京してから早いもので約2ヵ月。
未だに乗り換えアプリなしでは移動ができないけど、なんとか東京を生き抜いてる。

 

f:id:kyuto7:20170611175444j:plain

 

働き始めて感じたことは「自分ってこんなにできないんだ」ということ。
大学生のときは、学生という特権を使って自由に過ごしてきたのかもしれない。

 

「誰かと同じ場所で戦うこと」を避けて、"自分らしさ"なんて言葉を盾にとって、自分の殻の中に閉じこもる。

そうしていれば、誰かと比べて傷付くことも、落ち込むこともなかったから。

 

でも、同じ場所で戦うようになって自分の無力さを思い知った。

能力だけでなく、成果を出すための姿勢も努力の量も。

 

悔しかったし、情けなかったし、腹が立った。

自分は、自分の目標に向かっているつもりだったけど、そこに到達するためにはどれほど険しい道のりなのか、改めて思い知ったんだと思う。

 

他人と比べることは手段なんじゃないかな。

人それぞれ、十人いれば十通りの生き方や目標があるはず。

それを前提とすると、他人と比較して自分のことを考えて、落ち込んだり悩んだりする必要はないんじゃないかなーと思う。

 

ただ、周りと比較して自分の現在地を知り、「あいつみたいにもっと頑張ろう」とか「○○といった目標を達成するにはこれだけ頑張らないといけないんだ!」とか、前向きな刺激や気づきを得られるなら、周りと比較してもいいかなーと。

 

自分らしく生きることは大事かもしれない、でも自分らしく生きるために、僕は周りと比較することも時としては必要だと思う。

 

働き始めて「自分は多数の中のひとりで何も持っていない」ことに気づいたけど、目標に向かってできることをやっていくしかない。

最後に、次回の投稿までには、まわりと比べて「自分が得意なこと」もみつけたいなー。